創業嘉永三年(1850年)。「いい目覚めをクリエイト」する三重県桑名市のふとん専門店。

笹治本店

住所:桑名市吉津屋町57番地

TEL:0594-22-0501

営業時間:AM9:00~PM6:00

定休日:毎週月曜日

駐車場:5台あり

芝大門クリニック院長今津先生の講演会お聞きしました

 日本の平均寿命が世界中でトップクラスになったからとはいえ、いくら寿命が伸びても、健康でなければ意味がありません。健康のまま寿命を全うできるかどうかが大切です。健康に歳を取る、という観点から「いい睡眠と上体温」から先生のお話をお聞きしました。最近では一つの病気にかかれば、連鎖的に次々と病気にかかっていく「メタボリックドミノ」と表現されれるようになりました。例えば、食べすぎや喫煙、運動不足により肥満となり、それが次に高脂血症と高血圧を引き起こし、されに悪化すると糖尿病、動脈硬化になりさらにしんぞうびょうの病気や脳の病気を引き起こす……という連鎖反応です。つまり元の原因は食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足や寝不足、ストレスなど生活習慣の乱れなどが重要なポイントとなります。もとに行けば行くほど「未病」の状態なので、普段の生活から病気にならないように心身を整えましょう。特に最初の大事なブロック(衝立の役目)は主に質の高い睡眠と上体温であり、このふたつをきちんと整えることが非常に重要です。上体温とはからだを冷やさない、体温を上げる

ことです。野球のピッチャーがたくさん投げて肩に熱を持った場合アイシングをして冷やしますがその後はお風呂に入ってゆっくり温めて回復させます。ケガや傷など急性期には冷やさなければなりませんが、その後は温めます。それが上体温の勧めです。体温は人によって違うので、その人の通常の体温の0.1℃でも上げれればよいのです。興味のある方は下記の先生の本に詳しく解説してありますのでよろしかったらお読みください。

Scan-26_edited-2

 

 今津先生の「115歳が見えてくるちょい足し健康法」の講演をお聞きしました。

前回の上体温のすすめの本も参考に!

 Image1-79

 

 ローズテクニーも上体温させる方法のひとつです